熱帯魚アクアリウムを成功させよう! 自分好みの水槽世界を作る!

menu

熱帯魚CLUB|理想の水槽を作るアクアリウム入門の成功手帳!

便利すぎ!熱帯魚水槽の照明時間を自動調整するタイマー

熱帯魚飼育をするなら持っておきたい便利グッズ「タイマー」

熱帯魚の飼育をしている以上、水槽の照明を6~8時間程度稼働し、残りは電源を切っている(=暗くする)ことと思います。
しかし、この作業、なかなか地味で忘れがちな作業でもあります。

そんなときに役立つアイテムをご紹介します!

ニッソー プログラムタイマー NT-301 NAT-117

ニッソータイマー

熱帯魚水槽の照明時間を調整(●●時になったら自動でOFF!など)したり、○○時になったらエアレーションをON!などできるかなりの便利アイテムです。

ニッソータイマー2

セットの中身はこんな感じです。

ニッソータイマー3

横面には、4つの電源プラグが挿入できるようになっています。4つのうち、2系統は電源のタイマー管理ができるようになっています(図内右二つのプラグ部)。
この2系統がそれぞれ、時間管理でON/OFFが調整・設定できます。管理人は、「照明」+「エアレーション」で使用しています。

設定はとても簡単で、説明書をみなくてもできるレベルの操作感です。正確に毎日24時間繰り返しON/OFF。最小1分単位で設定が可能です。

タイマーを使うメリット

①照明時間の適正コントロール
熱帯魚にも水草にも規則正しい照明照射が可能になり、休息や自然界の環境に近づけられます。エアレーションの常時稼働は、水草の成長に必要な二酸化炭素を減少させることにもなりますので、この点はかなり良いメリットですね。

②定期の時間管理で電気代節約!

③管理が楽になる!
 これ、意外と重要です。

タイマーを使うデメリット

・照明のON/OFFの際に水槽を見ていた時間がなくなる
 まぁこれはその他のタイミングで見るようになるので、デメリットばかりではありませんが。

熱帯魚飼育も、ひとつのアイテムで管理稼働がぐっと減らすことができます。タイマーは、自然界のリズムと合わせて設定したり、水中酸素の量をエアレーションの自動調整で行うことなどができ、飼育上とても好ましい状況を作り出します。是非、タイマーを用いた熱帯魚飼育を体験してみてください。 

とても楽になりますよ!

熱帯魚水槽の人気LED照明一覧<楽天市場>

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年11月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Author


著者:コタロ
性別:男
年齢:30代終了!!
熱帯魚歴:約10年
趣味はギター。会社の疲れを自宅の熱帯魚アクアリウムで癒す日々。ゴールデンハニードワーフグラミーが好き。

スポンサーリンク