熱帯魚アクアリウムを成功させよう! 自分好みの水槽世界を作る!

menu

熱帯魚CLUB|理想の水槽を作るアクアリウム入門の成功手帳!

水槽レイアウト用に気孔石を購入!(新水槽立ち上げ編)

新レイアウト水槽のアイテムに「気孔石」を購入

先日、「新たな熱帯魚水槽の立ち上げを思案中・・・」で記載しましたが、新たに熱帯魚水槽の立ち上げをしようかなと思っています。

新規立ち上げになるか、レイアウト変更になるかはまだ考えていますが。

ひとまず決定していたのは、

「南米ウィローモスで緑の絨毯(じゅうたん)」

という大まかな構想。
レイアウト用にどんな流木や石を使おうかなと考えていました。

まず石の種類を考えていました。
色々と考えた結果、「気孔石」を購入しました!

気孔石
カミハタ プチアクアの石 気孔石 350g 税込756円 

ショートヘアーグラスなどとも相性の良い気孔石。
気孔石は水質を若干アルカリ性に傾けますが、水槽の大きさを考慮し、配置する数や大きさに気を付ければ大きな水質変化はないと思います。

現状は、30cm~45cmの水槽での立ち上げを考えていますが、現在の60cm水槽のレイアウト変更パターンも思案中です。
60cmにする場合は、もう一回り大きい気孔石や、昇龍石なども購入を考えています。

早速購入した「プチアクアの石 気孔石」を開封。

「プチアクアの石 気孔石(350g)」はサイズが3種類ほどの気孔石が混在

購入した気孔石を開封

気孔石の大きさを比較しやすいように、ライターを並べてみました。
大体3サイズ位のレベル感で封入されていました。写真には写っていませんが、もう少し量があります。

気孔石

なかなかの天然デザインです。
気孔石の好きなところは、ゴツゴツとして先がとがったり、表面にあいている穴などが水草を活着させやすいところ。

色による表情も豊かで、黄色や赤茶、こげ茶などの種類があります。気孔石は水中で色の印象が変わるため、事前に濡らして確認しておくと良いと思います。

ひとまず、このミニ気孔石を使って新規水槽レイアウトの材料にしておきたいと思います。
次に悩むのは水槽サイズと種類。

考えておきます!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年2月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

Author


 著者:コタロ
 性別:男
 年齢:30代半ば
 熱帯魚歴:計7年
趣味はギター。会社の疲れを自宅の熱帯魚アクアリウムで癒す日々。ゴールデンハニードワーフグラミーが好き。

スポンサーリンク