熱帯魚アクアリウムを成功させよう! 自分好みの水槽世界を作る!

menu

熱帯魚CLUB|理想の水槽を作るアクアリウム入門の成功手帳!

水槽に熱帯魚を入れる!魚の正しい水槽への入れ方

水槽へ熱帯魚入れる正しい入れ方(水槽へ移す際の水合わせ)

熱帯魚を購入してきたら、いよいよ自分の自宅水槽へと魚を入れる、引っ越しの作業です!
この「水槽への入れ方」とする作業は、「熱帯魚の生体に影響を与える」重要な作業です。

購入してきた熱帯魚を、そのまま袋ごとすぐに自宅水槽へ入れる・・・なんてことをしてしまうと、生体へ大きなダメージを与えてしまいます。

その結果、引っ越し後すぐに死んでしまうことも…。
そんなことにならないように、水槽への入れ方の手順をしっかりと踏んで、魚にとって気持ちのよい水槽への入れ方をしてあげましょう!

水合わせを必ずやろう!

新たに購入してきた熱帯魚を、自宅の水槽に入れる場合、「水合わせ」ということが非常に重要です。これをしっかり実践しない場合、熱帯魚はすぐに死んでしまいます。

水合わせの必要性

水合わせとは、熱帯魚に合わせて「少しずつ水質、水温をならしていくこと」です。
熱帯魚は環境変化に非常に弱い生き物であり、急に違う環境へと移してはいけません。

買ってきた熱帯魚は、いきなり水槽に入れるのではなく、必ず少しずつならしていくことが重要です。大切な熱帯魚の命に関わることですので、水槽への安全な入れ方をしっかりと実践しましょう。

水合わせのやり方

購入した熱帯魚は、ショップなどはビニール袋に入れて、酸素を含めた状態で輪ゴムなどで閉じられているかと思います。

このままの状態からスタートしてかまいません。
次のステップ順に着手します。

① 水温を合わせる
ビニール袋に入った状態のまま(開けなくてOK)、水槽にビニール袋ごと浮かべる。
30分くらいこのままにし、水温を合わせる。

② ビニール袋の中に、少しずつ水槽の水を段階的にいれる
水槽の水を少しずつ袋に移し、水槽の水質と購入したショップの水質(ビニールの水)をならします。この時大量に水槽の水を入れてはいけません。5回くらいに分け、5分間隔で水槽の水をいれていきましょう。

③ ②の手順後、ネットで魚をすくい水槽に移動する
ビニール袋の水は入れないようにします。魚をネットですくって移動させてあげましょう。

以上で水合わせは終了です。
作業自体は簡単なものですが、面倒くさがって早く入れてしまう人、リスクを軽視する人なども存在します。

水合わせは熱帯魚の飼育を成功させる、大切で重要な作業です。
熱帯魚のことを考え、丁寧にゆっくり実施してあげましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年2月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

Author


 著者:コタロ
 性別:男
 年齢:30代半ば
 熱帯魚歴:計7年
趣味はギター。会社の疲れを自宅の熱帯魚アクアリウムで癒す日々。ゴールデンハニードワーフグラミーが好き。

スポンサーリンク