熱帯魚アクアリウムを成功させよう! 自分好みの水槽世界を作る!

menu

熱帯魚CLUB|理想の水槽を作るアクアリウム入門の成功手帳!

熱帯魚の真夏の水温対策!水槽の水温上昇に注意!

熱帯魚の真夏の水温対策

熱帯魚にも夏は厳しい季節

人間にとってはとても暑さが厳しい季節です。
これは熱帯魚にとっても同じです。

日本の夏場は、気温が30℃を超えることが当たり前のようにあり、30℃を超える真夏日には、水槽の水温も当然上がっていきます。

真夏の急激な水温上昇は、熱帯魚にとっても生体へのダメージや、白点病などの病気を誘発する事もあり、非常に危険です。

そこで、夏場の熱帯魚飼育には、水槽の水温を下げる対策が必要となってきます。
水温対策として、以下のようなものがあります。

1.冷却ファン

熱帯魚の水槽上部に設置する、冷却風の出るファンです。扇風機のようなものですが、水面に風を送り、気化熱によって水温を1~4℃程度の範囲で下げることができます

水面に対し斜めに入るように風を送り込みと、水面全体がさざなみ立ち、水面付近の温まった空気を逃がすことになり効果的です。

真夏の水温対策では、比較的ポピュラーな機器です。

2.水槽用クーラー

水温の冷却には、かなりの威力を発揮します。
しかし、排熱による室温の上昇も招きます。値段も2~3万円程度で高価です。
一長一短がありますので、比較検討すると良いと思います。

3.照明のリフトアップ

照明の熱が水温の上昇を招くことがあるため、水面から遠ざけることによって、水温上昇を防ぐという考えです。蛍光灯ライトを4本設置している等、本数が多いときには試してみるのも手です。

4. 照明時間の短縮

通常8~10時間の点灯をしているのであれば、5~6時間程度に点灯時間を短縮するのも、真夏での水温上昇の防止に役立ちます。

4.エアレーションを増やす

エアーの波を強くすることにより、水面の揺れを強くし、気化熱で

5. 断熱材をまく

外からの熱を遮断するため、水槽表面を断熱ロール材などで囲みます。

6. 室内エアコンを利用する

人間用のエアコンを運転させ、室温自体の低下を狙います。
水槽が3つ以上あるようであれば、一つ一つの水槽ごとに水温対策をほどこすより、
経済的な要素もあります。

夏にはこういった対策を行うことで、熱帯魚水槽の温度管理を行う事ができます。

熱帯魚にとって少しでも快適な環境を用意してあげましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年11月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Author


著者:コタロ
性別:男
年齢:30代終了!!
熱帯魚歴:約10年
趣味はギター。会社の疲れを自宅の熱帯魚アクアリウムで癒す日々。ゴールデンハニードワーフグラミーが好き。

スポンサーリンク