水草

南米ウィローモスが元気ない?茶色く枯れる様な時に気を付けるべきポイント

投稿日:

南米ウィローモスが茶色くなる状況

南米ウィローモスってありますよね。コケ類の水草。
有茎草とは違い、流木や石を伝うように育つ南米ウィローモスは、水草の中でひときわ異なった美しさをもつ、水草です。

特別強い光量や二酸化炭素の供給量が必要のない南米ウィローモスは、初心者にも育てやすいといわれています。
ただ、どれほどの栄養や光を用意すれば良いのか、わかりにくい一面もあります。

底床のソイルなどに根を張る水草とはタイプが違い、南米ウィローモスは水中の養分を葉から吸収していきます。

ソイルの中で固形タイプの栄養肥料があったとしても即効性がないことから、栄養がすぐに行きわたらない事があります。固形タイプの肥料はゆっくりと時間をかけて溶けるタイプのものが多く、水中から養分を吸収する南米ウィローモスに求められる栄養には、不足することが考えられます。

栄養不足の南米ウィローモスは、購入当初などには鮮やかな緑の葉で広げるように展開していた姿が、段々と茶色く、または黄色のような褐色気味の色となり、枯れているような姿を見せ始めます。

こうなった南米ウィローモスは、弱ってきています。
南米ウィローモスがそのような姿を見せたとき、元気に成長できる環境を用意してあげましょう。

南米ウィローモスがうまく育てたない原因・環境

茶色くなった南米ウィローモスには、まず栄養が不足していることを考えてみましょう。
前述したように、南米ウィローモスは、葉から栄養を吸収する水草です。

どのような生物や水草の種類、量が入っている水槽なのかによって、水中に必要な栄養分も変わってきます。アマゾニアなどの栄養系ソイルを使っていなく、固形肥料のみで水草を育て、液肥の追加をしていなければ、栄養不足にも十分なりえます。

まずは、即効性もある直接水中に栄養補給できる液肥の投入を実施しましょう。

数日様子をみてみるとよいと思います。

光の量が足りない

ウィローモスには、強い明るさの光は必要ありませんが、それでも一定の明るさは求められます。
個人的には、500ルーメンの照明で十分育つ印象をうけますが、光源と水草の距離、水の透明度などにも変わってきますので、一概にはいえません。

障害物で光が遮光されている

南米ウィローモスに必要な光量が水槽には十分提供されていても、流木や南米ウィローモスの葉の展開する方向、位置、葉の重なり具合によっては、十分に光合成ができない状況にある場合が考えられます。

トリミングや、葉の展開する方向の調整など、光があたる環境を用意してあげましょう。

南米ウィローモスを美しく育てるアイテム

管理人の南米ウィローモス水槽に実績ある液肥は以下の二つです。

<液肥>

・「ジクラ ウォーター ベニッシモ(水草用)」

水中に栄養分を直接添加する液肥の中でも、「ジクラ ウォーター ベニッシモ(水草用)」がとても調子良いです。水槽に必要な栄養分が何であるかは、その水槽ごとによって違うので、すべてに当てはまるのではないですが、管理人のモス飼育にはこの液肥がとても良い変化をもたらしました。

葉は青くなり、南米ウィローモス以外の水草グロッソもふくめ、全体にハリと鮮やかさがでてきます。

・「メネデール 水草の活力素」

グロッソスティグマを育てはじめのときにも良い結果を得たのがこのメネデール。鉄分を補給する目的で投与する事がメインですが、水草の生き生きとした成長を望みたいときにも有効な液肥です。

 

ウィローモス育成経験上、管理人に実績のある液肥は上記の二つが主です。

他にも液肥は使用していますが、特に何度も効果を感じているのは上記の液肥です。

 

ウィローモスの成長阻害には、まずは栄養と光合成の環境を考えましょう。

液肥だけで十分元気になる可能性があります。

 

-水草

Copyright© 熱帯魚CLUB|理想の水槽を作るアクアリウム入門手帳! , 2019 All Rights Reserved.