器具・機材

水槽をおしゃれに!ヤザワのクリップライトを自作で天吊DIY

投稿日:

クリップライトをDIYでおしゃれに設置!水草水槽を映えさせる!

 

一ヶ月ほど前に、グロッソスティグマ用30cmキューブ水槽を立ち上げた際、ヤザワ クリップライトE26 CLX605CHを水草育成用の照明として使用していました。2つ購入し、設置していました。

こんな感じですね。

無事復活したグロッソスティグマ

 

水位と平行気味の撮影なのでわかりづらいのですが、上蓋のガラス天板があり、そのガラス天板にクリップライト2灯が直置きされています。

ガラスのヘリにクリップを挟んで設置するには、水槽内に倒れたり、水没事故につながるかもで怖いかなと。クリップライト部の照射角度を調整する部分が緩く、下がってきて重心が崩れやすいのです。ここは、マイナスドライバーのようなもので締められはするものの、時間の経過とともに、段々と緩んできて水没…とかしてしまいそうかなと頭をよぎりました。

そんなことで、ガラス天板に直置きにしていたのですが、これはこれで少し課題が残ることに。

グロッソが枯れる記事にも書きましたが、LEDは熱がこもりやすいので、ガラス天板に下向きに直置きしてしまうと、熱が逃げにくく、ガラス自体も温まり水温上昇を招いていました。これは、何とかしなれければならないなーと。

そこで、今回はクリップライトとその他のアイテム、ホームセンターで細かいパーツを購入し、自作で照明加工をしてみました。いわるゆちょっとしたDIYです。

そして、なるべくおしゃれな水槽にしたいなと。

前置きが長くなってしまいましたが、この記事では、クリップライトを自作天吊りDIYで、おしゃれな水槽にできた(と思っている)内容をご紹介します。

 

照明設置DIYで使うもの

 

準備するもの

①ヤザワ クリップライトE26 CLX605CH ×2
➁アクロ ライトスタンド  1 1500円(チャーム)

<↓ホームセンターで購入↓>
③チェーン  ×2
➃ビラカン ×2
⑤クリップ(回転可能)×2
⑥リング ×2
⑦コード止め 100円(100均一)

③~⑦で計 1200~1400円位?

作業時間

10~15分 程度

難易度

かんたん

目指したこと

・格好良くおしゃれに
・かんたんに
・機能性よく
(できれば、高さ調節がしやすい方式)
・コストはなるべく安目に1000円程度希望。

最初に言っておくこと

ライトスタンド(ライトアーム)を購入すれば、ヤザワ CLX605CHのクリップ部でスタンドアーム部に挟み、ぶら下げる事でひとつの照明の使い方として可能です。

こんな感じで。水槽の内容次第で、これでも良いのかなと思いました。

ライトアームスタンドに取り付けたクリップライト

ただ、スタンドアーム自体で高さ調整ができないので、水面までの距離が離れます。強い照明などを必要としない水槽であれば、これだけでも済むと思います。

ですが今回、グロッソスティグマのレイアウト水槽なので、光量を求めます。そのため、もっと水面近くで照射ができるようにしたかったのです。

また、ヤザワクリップがもつステンレス感、シルバー感の強調、調和がとれるような形にもしたかったので、今回は次のような方法にしました。

◆想定イメージ

こんな感じで考えていました。

最初は上図のように、ステンレスワイヤーをつかって天吊る方式でいました。ところが、ステンレスワイヤーに輪をつくるオーバルスリーブを止めるための圧着工具を所持していないので探していると、わりとお高いんですよねー。

売り場では4500円もする製品しかなく、Amazonとかならもっと安いのがあるかもなんですが、もう気持ち的に待てないな、と。

 

ペンチで止める人もいるようなのですが、ちょっと怖いなと思った自分は

吊り下げの機構を方式変更することにしました。

 

■DIY用に用意したもの

ホームセンターで購入しました。

・チェーン  ×2
・ビラカン ×2
・クリップ(回転可能)×2
・リング ×2
・コード止め

※上段左のパーツは、チェーンのリングが万が一横スライドの動きが滑りにくい…など、問題があったときように購入したものです。今回は最終的に使用しませんでした。

ホームセンターで購入した水槽DITアイテム

 

■クリップライトの金具外し

まずはクリップライトのクリップ部と本体部をばらします。

クリップライトをばらします

↓赤丸の部分をマイナスドライバーで緩められます。

下から覗いた方がわかりやすいですが、この軸が左右に外れます。

こんな感じに↓。

クリップ本体部の上部に、コード横にビスが止まっています。

これを外して、購入した「ビラカン」を取り付けます。

止めたビラカンの穴を、クリップで括ります。これで、クリップライト本体を持ち上げる機構がまず完成。

<参考>

クリップは横軸で通し穴を外せるようになっています。プラスドライバーで緩めれば、受けのボルト側とワッシャーが共に外れ分離可能です。この穴から、チェーンを通せるようにします。

↓ アクロライトスタンド(ライトアーム)を水槽に取り付けます。

棒軸同士を挿して組み立てるだけの簡単接続。そのスタンドアームの部分にチェーンのリングを通し、下のように吊り下げます。このチェーンをクリップライトの天吊り用の軸素材として使います。

チェーンに、先ほどのクリップライト本体を取り付けました。

こんな感じにぶら下がります。チェーン類やパーツなど、シルバー系のアイテムでヤザワのクリップを始めとするクローム感が増しています。

おしゃれな感じになってきました^^

このままだと、高さは元のガラス天板とほぼ同じ高さでした。これでは天板直乗せと変わらないため、チェーンの高さを調整します。

ぴんと張ったチェーンを緩くたわませ、チェーンの離れた穴同士を、キーホルダーに使うようなリングで連携します。これでガラス天板よりは高く、かつ、水面から離れすぎずに光量が落ちない高さになるよう、チェーンの高さを調整して、リングで連結します。

 

こんな感じで完成です!

コードのケーブル類のマネジメントが課題に残るのですが、ひとまず完成です。ヤザワのクリップライトは、クリアタイプのコード色があるようですが、自分的にはこの水槽には黒のカラーも締り効果で欲しかったので満足です。

 

自分的にはおしゃれになったのですが、客観的には違いますかね!?

ま、自分が満足できれば良いでしょう~。

 

こんな感じで、おしゃれな水槽に一歩近付けられたクリップライト天吊りDIYでした。簡単です。「工夫している」という感覚がとても楽しいですね!

格好良くおしゃれな水槽を目指した記事でした。

ご参考までに。

-器具・機材

Copyright© 熱帯魚CLUB|理想の水槽を作るアクアリウム入門手帳! , 2019 All Rights Reserved.