熱帯魚のエサ

熱帯魚の上手な餌(えさ)やり

投稿日:

熱帯魚の餌やり

熱帯魚の上手な餌(エサ)やりについて

熱帯魚に毎日やりをするかと思いますが、ただ餌をあげるだけでなく、
次のことに注意してあげましょう。

1.あげすぎに注意する

熱帯魚は、餌をあげればどんどん食べていきます。まだ食べるからといって、餌を続けてあげるのは望ましくありません。少し少ないかな・・・と思うくらいで止めましょう。
餌のあげすぎは水の汚れにつながります。

2.エサの時間を決める

熱帯魚の餌やりは、1日1~2回で充分です。
あげる時間を決め、間隔が短くなったり、家族の中で餌やりが重なることのないようにしましょう。

3.底砂に棲む魚に餌は届いているか?

混泳の環境では、底砂に棲む魚や、動きの遅い魚に餌が行き届かないことがあります。
底の餌しか食べない魚には、沈むタイプの餌もありますので、併用すると良いでしょう。

4.熱帯魚の健康チェック

熱帯魚が餌を食べるときは、魚の健康状態を確認する良い機会です。
元気に反応しているか、泳ぎ方に問題がないか、反応を示さない魚がいないか、などの視点で熱帯魚達を見ていきましょう。

熱帯魚の餌やりには、こういったポイントを意識して行うと、飼育の向上にもつながっていきます。

-熱帯魚のエサ

Copyright© 熱帯魚CLUB|理想の水槽を作るアクアリウム入門手帳! , 2019 All Rights Reserved.