熱帯魚アクアリウムを成功させよう! 自分好みの水槽世界を作る!

menu

熱帯魚CLUB|理想の水槽を作るアクアリウム入門の成功手帳!

熱帯魚水槽の早見表|水槽サイズ毎の水量・器具の目安

水槽サイズ毎の早見表

熱帯魚の水槽サイズ毎に、どれくらいの水量や器具、底砂が必要なのかを早見表にまとめました。
熱帯魚飼育をはじめるうえで、水槽えらびの参考にしてください。

水槽サイズ
(横×奥行×高さ)
水量 底砂の量 ヒーター
(約1cmの高さに必要な量)
20×20×20 約8L 約0.4L ~50W
30×30×30 約27L 約0.9L 75W~100W
36×22×26 約20L 約0.8L 75W~100W
45×30×30 約40.5L 約1.3L 100W~150W
60×30×36 約65L 約1.8L 150W~200W
60×45×45 約120L 約2.6L 300W~350W
90×45×45 約182L 約4L 400W
120×45×45 約240L 約5.4L 600W
120×45×50 約270L 約5.6L 700W

底砂の高さは好みにもよりますが、水槽内に立体感をだすために、水槽の正面側の底砂を浅くし、奥側を大目に盛るテクニックがあります。そのようなテクニックを使いたい場合には、底砂は10cm程度は少なくとも入れるようにしましょう。

ヒーターについては、「大は小を兼ねる」などの考えは用いず、「熱帯魚水槽のサイズにあったヒーター」を使うようにしましょう。「小さい水槽に大きなヒーターをいれる」などをしてしまうと、ヒーターの温度上昇パワーが強すぎて、急激な水槽水温の上昇を招いたります。このような状況は、熱帯魚にとって大きなダメージを与えてしまいます。

水槽サイズに見合ったサイズ選択をするようにしましょう。

熱帯魚の飼育をはじめる際、または新たに熱帯魚水槽を追加する際などの、参考情報になれば嬉しいです。

目指せ!名アクアリスト!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年11月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Author


著者:コタロ
性別:男
年齢:30代終了!!
熱帯魚歴:約10年
趣味はギター。会社の疲れを自宅の熱帯魚アクアリウムで癒す日々。ゴールデンハニードワーフグラミーが好き。

スポンサーリンク